お尻を責めると聞くと何を想像する?ぺニバン?拡張?それとも、スパンキング?
色々な行為を想像すると思うけれど、この日来た子はお尻の内側も外側も大好き。その上、エネママニアでもある。そう、浣腸の好きな子だったの。浣腸自体がセッションの中心になるのは私の場合珍しい。良い変態には逆に育てられていると感じることも多いけれど、この子の場合もそうね。

IMG_5079
前から狙っているお道具。抜けにくくてよい

和やかな雰囲気で、これから自分が責められるために持参したあれこれを説明してくれる。セッション前から相談して毎回お互いに大量の道具を持ち寄っているけれど、大きな荷物を運んでいるとなんだかSMっぽいと思う。知らない人が見たら出張帰りか登山にでも行くところなのかと思うでしょうね。中身を見たら驚くでしょうけど。笑

以前は拡張やスパンキングを中心にしたセッションだったけれど、今回はこの子の大好きな浣腸を軸にお尻で色々な実験もして楽しむことに。エネマってアナルプレイをする前の過程に過ぎないと思っていたけれど、そうではないということをこのセッションを通じて知ったわ。

少し話が逸れるけれど、アナルが苦手という人は痛いとか怖いという気持ちもあるのだろうけれど、中身が出てしまいそうという不安で落ち着かない気持ちになるという場合もあると思う。私はこういう想定外の不安はセッションへの集中を妨げるものだと考えていたの。でも、なんていうの、これも捉え方によっては相手を精神的に追い詰める術になりうるのよね。それから、出すところを見られて羞恥に震えるならまだしも、お腹の痛みに堪えること自体に意味を見出すケースがあるとは思いもよらなかった。

お腹が痛くて苦しいことや必死に堪えさせられること、見られたくないのに見られてしまうこと、どれも社会生活においてはネガティブな意味を持つものかもしれない。だけど、そういうことが自己解放の手段になる場合もある。何気なくしていた行為一つでも掘り下げると楽しいものね。

KakaoTalk_20190522_231233213
洗浄にも醍醐味があることを身をもって知ったわ。

さて、エネマについて長々と書いたわけだけど、お尻で楽しく遊ぶなら洗浄は基本だよね。そんな訳で数回お湯を入れて綺麗にしてから、まずはグリセリン浣腸で便意を我慢させて遊びました。便意を我慢させられたいってだいぶ変わってるわよね。でも、我慢させられて冷や汗や脂汗が出てくるのも面白い。数多くの実験が控えていたから、割とさらっと終えたけれど、これはもう少し粘っても良かったかもしれないわね。この段階ではまだまだおしり博士の身体を張った実験に参加させてもらっているだけの生徒のような私です。

次はマヨネーズを潤滑剤代わりにして玉こんにゃくを腸の中へ入れていきます。「どうしてマヨネーズなの?」と思った人もいるかな?おしり博士曰くマヨネーズはお酢が入っているから痛いんですとのこと。へえー。また変な知識が増えちゃったわ。笑 でも、私は意地悪するの好きだし、これはすごく楽しかったな。弾力を持った玉をおなかの中へ入れていくと、腸の中がぱんぱんになるし、腸壁を酸が刺激してとても痛いみたい。うふふ。とっても苦しそう。マヨネーズの刺激のせいか、すぐお尻から玉を吐き出してしまう。ウミガメの産卵みたいね。でも、だめよ。こんなに愉快なヒトの身体を使った遊び、一度で終わらせるのはもったいないじゃない? 吐き出してしまっても何度も何度も繰り返し、より多くの卵をおなかの中に入れてあげる。そのたびに苦しんで、またはしたなく吐き出して私を楽しませなさい。

何個だったら入るの?じゃあ、その数ね!
はじめに宣言した数を飲み込めなかったら、お仕置きするわよ。
ちゃんと一つ一つアナルで飲み込んでいくのを感じながら数を数えるの。わかった?

私が満足するまで玉こんにゃくを突っ込まれ、私の合図があるまで苦痛に耐えさせられ、やっと開放されたと思っても、滑稽で惨めな姿を晒すことになる。ちょっとまぬけな道具でおしりを玩具にされているところが屈辱的で良いわよね。とても楽しい遊びで、つい生徒の立場を忘れてしまったわ。

IMG_5953

マヨネーズで楽しく遊んだ後は腸の中をお掃除して、今度はいよいよクエン酸浣腸です。
でもね、これは本当に辛いようで三十秒くらいしか我慢できなかったの。
このときは5パーセントくらいの濃度で200ml入れてみたんだけど、浣腸した瞬間から苦しみだしてこれもなかなか楽しかった。2~3パーセントくらいならもう少し耐えられるかしら。1パーセントくらいなら、アナルプラグで栓をしたりも出来るかな?
(酸を使った浣腸はもう少し色々試してみたいので、献体を募集しています♪)

また洗浄して、後半はいつものようにアナル拡張
すでに今回のセッションで使い込まれたアナルの入り口は痛むでしょう?様子を見ながら広げてあげようとしたら、なぜかその痛みに興奮している。不思議な子ね。普通ならこういうときは使わないけれど、せっかくリクエストしてくれたし、痛むアナルに何か思うところがあるようだからにファッキングマシーンでも少し犯してあげたわ。痛みに叫んでいたけど、それだけじゃないのはなんとなくわかる。もっと欲しいものがあるのよね?

今度はアナルをこれ以上傷つけないように、慎重に時間をかけて少しずつ太いものに変えていく。痛んでいても優秀なアナルよね。私の大きな手を飲み込めるようになるまで、あとほんの少し。惜しかったわ。アナルはぺニバンで犯すのも良いけれど、手首まで飲み込ませるフィストも好き。なんだか肉体の神秘を感じてほっとするから。

大ボリュームの、でもあっという間の三時間で、とても楽しいセッションでした。
はるばる来てくれてありがとう。会わない間に私も少しは成長できていたかしら?
時間が空いていたのにそれを感じないし、また一段とあなたのツボが理解できるようになった気がします。セッション後のウォシュレットでの出来事、痛みに感じた懐かしさについて教えてくれたことも、とても嬉しかった。私には無い感覚だから新鮮な喜びでした。
次回の講義に備えて、大肛門大学を読み返して復習しておきますね。
またお会いできるのを楽しみにしています。

三津香 Mitsuka
KakaoTalk_20190522_232412644
女王様データベースランキング参加中です。一日一回クリックしてね☆



☆☆ 5月の出勤予定 (5/22時点) ☆☆

30(木)14-20時


☆☆ 日程のお問い合わせについて ☆☆
日程のお問い合わせもお待ちしております。
以下の二点をイシュタルにメールまたはお電話でお伝えください。

①ご希望の日時(複数あると嬉しいです)
②セッション時間


セッション内容に関するお問い合わせもお気軽にどうぞ。
あなたと素敵な時間を過ごせるのを楽しみにしています。



◆ご予約、お問い合わせ◆
大阪難波女王様専科(M専科)Ishtar-イシュタル-

TEL:06-6641-7676(12:00~22:00)
info@ishtar-sm.com(24時間問合せ可能)