陽気に浮かれて想像を巡らせると、つい身体的な拷問について考えてしまいます。そういうときはちょっと危ない眼になるみたい。トルコ料理屋さんで串に刺さった肉を見つめていたら友人に「いま何を考えていたの?」と尋ねられ、はっと我に返りました。私の内でも春らしく、妖しい欲望が蠢いているようです。

串類_190405_0012
可愛いバーベキュー串。お料理にも使うのですね。

鞭は調教の基本だと言っているマゾがいたけれど、理解できる気がします。鞭はとても深いところで理解し合える不思議で特別な道具。単なる苦痛ではなく、強いつながりをもたらすものであり、会話のようだと思います。先日、初めて一本鞭をリクエストしてくれた子の反応がとても良かったこともあって、ボロボロになるまで鞭を打ちたい気持ちが沸々と湧き上がってきて困っています。私は望まない子には苦痛を強いらない主義。特に激しい傷跡が残ってしまうようなものは、安易には打ちません。
けれど、マゾの打たれた皮膚や傷痕は美しいし、苦痛に歪む顔、必死に耐える顔、うめき声、叫び声、押し殺した声、震え、荒くなった呼吸、そして解放されたマゾの安堵の表情、抱きしめられて脱力する身体の重みなど、どれも苦痛系のセッションでしか得られない素敵なもの。こうして書いていると、やっぱり欲しくなってしまいますね。笑

ステンレス釘
ホームセンターはワンダーランド。
ステンレスは錆びないからいいですよね。

貴方は痛いことはお好きですか?大好きな人、痛いのだけは苦手な人、怖いけれど受けてみたいと思う人、痕が残せないからと避ける人、色々ですよね。私は苦痛や拷問と聞くとゾクゾクしてしまう方です。痛ければ痛いほど、苦しければ苦しいほどというわけではないけれど、良からぬこととは思いながらきつい拷問の話を聞くと、ついつい妄想を広げてしまいます。普段は平和な世の中で誰もが自由に幸せに暮らせたらいいなと思っているのに、自分でも不思議です。SMではひどいことばかりしたくなる分、現実の世界にはきちんとしていてほしいのかもしれません。

バーナー
バーナーも安全設計だと安心ね。

私は拷問という言葉に特別に甘美な響きがあると感じます。貴方はどうでしょうか?
私の場合はですが、SMで言うところの「拷問」には物理的な追い込みに加えて、精神的な追い込みのようなものも含んでいるのだと思います。相手の限界を見極めて、そのぎりぎりか、ほんの少しだけ上回るくらいに相手を責めるのが好きです。上回るというか、正確には「乗り越えさせる」に近いでしょうか。そういう行為の果てに訪れるのは、本当にきつくて苦しいのに、痛いだけ、苦しいだけではない不思議な時間。宙に浮いたような、奇妙に穏やかな時間です。こういう時間は苦痛系のセッション独特のものだと思います。ぜひ多くの人に経験してほしいな。

キリ
面白い形のキリ。

苦痛系のMさんたちにとっても痛いことが快感になるとは限らないけれど、理不尽な暴力の中に一つの奇妙で甘美な夢を見出していますよね。苦痛系の人だけではなく重度の変態さんたちは、みんなそうかな。少し変わった性癖を持っていると、時折罪悪感に苛まれてしまうこともあると思います。だけど、あれもこれも人間にしかできない特別なことなんじゃないかな?

貴方がセッション中、動物みたいに浅ましい姿をさらしていたとしても、それは人間だからこそできること。そして、貴方が堕ちていけるスイッチを探すのが私の役目であり、楽しみでもあるのです。拷問の本来の意味は、苦痛を与えて自白を強制させること。私は性癖を罪だとは思わないけれど、貴方が罪だと感じるのならそれを白状させてあげる。どんな手段を使ってもね。


三津香 Mitsuka
2018.10_190405_0005



女王様データベースランキング参加中です。一日一回クリックしてね☆




☆☆ 4月の出勤予定 (4/4時点) ☆☆
5(金)13:00-16:00
6(土)13:00-19:00
9(火)19:00-last


☆☆ 日程のお問い合わせについて ☆☆
日程のお問い合わせもお待ちしております。
以下の二点をイシュタルにメールまたはお電話でお伝えください。

①ご希望の日時(複数あると嬉しいです)
②セッション時間




◆ご予約、お問い合わせ◆
06-6641-7676
info@ishtar-sm.com
OPEN:13時~ラスト