扉を開けると、女性ものの下着を身に付けた「正装」のAが土下座をして待っている。私が声を掛けるまで頭を上げようとしない。背中が今にも震えて溶け出しそうね。顔を上げたAは貞操帯を捧げ持っている。こんなものを付けられたら、もう勃起も自由に出来なくなってしまうわね ...