さて『春琴抄』の話の続きです。『春琴抄』のヒロイン、春琴は美貌の令嬢で三味線の名手として名高かったが、小さな頃に失明した娘を両親は甘やかして育て、わがまま放題に育った。その上、大変に気の強い負けず嫌いで、そして底意地まで悪かったのよね。そんな春琴に憧れる ...